jueves, 10 de agosto de 2017

Keyakizaka46 - Jibun no Hitsugi


Original: 自分の棺
Vocal: Hirate Yurina

《Romaji》

Itsuwari darake no SHOUINDO
kirai na kao ga utsutteru

hontou no ai nado aru mono ka
shinjita yatsu ga warui nda

soba wo sugiru KURAKUSHON
mukan shin na yoru no machi
naite inai yo

jibun no hitsugi
youi shiyou
mabuta wo toji nagara
aoi tsuki ga kage wo otoshi
kokoro sukoshi zutsu
shinde iku

nefuda wo harareta shiawase ga
kore miyo gashi ni naran deru

kono te de GARASU wo yaburitai
kizutsui tatte kamawanai

hansha netsu no ASUFARUTO
taningoto no kaze no naka
naite inai yo

watashi no owari
kiete shimaou
itami wa kanji nai
zetsubou dake ga gouka ni nari
yoku mo yaka retara
hai ni naru

yume wa hakana imo no
ai wa orokana mono
subete wakatteta hazu na noni…
tsumi wa shinjita koto
batsu wa deatta koto
hitorikiri de jigoku e ochiro!

jibun no hitsugi
youi shiyou
mabuta wo toji nagara
aoi tsuki ga kage wo otoshi
kokoro sukoshi zutsu
shinde iku


《Kanji》

偽りだらけのショーウィンドウ
嫌いな顔が映ってる

本当の愛などあるものか
信じた奴が悪いんだ

そばを過ぎるクラクション
無関心な夜の街
泣いていないよ

自分の棺
用意しよう
瞼(まぶた)を閉じながら
青い月が影を落とし
心 少しずつ
死んで行く

値札を貼られたしあわせが
これみよがしに並んでる

この手でガラスを破りたい
傷ついたって構わない

反射熱のアスファルト
他人事の風の中
泣いていないよ

私の終わり
消えてしまおう
痛みは感じない
絶望だけが業火になり
欲も焼かれたら
灰になる

夢は儚(はかな)いもの
愛は愚かなもの
すべて わかってたはずなのに…
罪は信じたこと
罰は出会ったこと
一人きりで地獄へ落ちろ!

自分の棺
用意しよう
瞼(まぶた)を閉じながら
青い月が影を落とし
心 少しずつ
死んで行く


No hay comentarios:

Publicar un comentario